ぼうけんはバスにのって

作・いとう みく
絵・山田花菜

金の星社

主人公のタクくんが、初めて一人で山梨のおばあちゃんの家に高速バスで旅するお話です。一人だけど、独りじゃない♪タクくんと一緒にハプニングを乗り越える勇気が湧いてくる作品です。制作当時、我が家の長男がタクくんと同じ小学二年生だったので、モデルになってもらいました♪実際に物語に登場するバス停まで二人で高速バスに乗って、たくさん写真を撮ったりして、イメージを膨らませました。我が家にとっても思い出深い冒険になり、思い出深い作品となりました♪多くの県の夏休みの推薦図書などにも選ばれています☆

金の星社さんへはこちら