傘の舞った日

日本児童文学者協会/編
絵・山田花菜

​新日本出版社

児童文学作家が、子どもたちに送る平和のための短編集。

表題となっているのは、水谷すま子さんの『傘の舞った日』。

全部で7篇の作品が入っています。

どの作品も、戦争の悲惨さ、平和について読み手に様々な切り口で物語っています。

戦争を知らない世代のこれからの子どもたちに、ぜひ読んでもらいたい物語です。

なぜ、戦争がダメなのか。

本当の平和ってなんなのか。

きっと考える入り口になり得る作品集。

​『傘の舞った日』に、一体何が起こったのか、ぜひ読んでみてくださいね。

新日本出版社さんへはこちら

  • insta_icon
  • facebook-square
  • Twitter Square
  • note_icon

© kana_yamada