こまじょちゃんとそらとぶねこ

作・越水利江子
絵・山田花菜

ポプラ社

【こまじょちゃんシリーズ】の最終回の4冊目。『そらとぶふね』では、こまじょちゃんの見守り役で相棒のこしろの秘密が描かれています。こしろはこまじょちゃんのところへどうやってきたのでしょう?かっこいい女海賊の様なうみのまじょとその猫のくろろの別れのシーンにじーん…。舞台の夜空を彩る流れ星のシーンを描くのがとってもワクワクしました。すれ違いでけんかしちゃうこまじょちゃんとこしろにハラハラ…。赤ちゃん猫だったこしろも登場♪もちろん、おおまじょさんも大活躍します!最終回にふさわしいキラキラなスペシャルカバーもとっても可愛いです☆本当は、もっともっと、こまじょちゃんの続きのお話しに絵を描きたかったなぁ〜〜!ファンレターも何通もいただきました♪作者の越水先生、読者の皆さま、ポプラ社の担当者さま、素晴らしい作品をご一緒できて幸せでした。本当にありがとうございました☆これからも、たくさん読んで欲しいシリーズです!

ポプラ社さんへはこちら

作家の越水利江子さんのブログはこちら

  • insta_icon
  • facebook-square
  • Twitter Square
  • note_icon

© kana_yamada